Japanese

NEWS



20,Sep,2017
【info】Participation in Asia Contemporary Art Show

titleAsia Contemporary Art Show Fall 2017 Edition
date21st Sep. (Thu) - 24th Sep.  (Sun.), 2017
venueConrad Hotel Hong Kong
AdressConrad Hong Kong F41-43 — Pacific Place, 88 Queensway, Hong Kong.
Preview21st September, 3pm - 5pm ※by Invitation only
21st September, 5pm - 9:30pm ※by Invitation only
General22nd September., Friday 1:30pm - 5:30pm
23rd September., Saturday 1:30pm - 9:30pm
24th September., Sunday 11:00am - 6:00pm


We will present 3 artists: Tomoo SEKI, Shigeru NISHIKAWA, Fuyuji at room no. 4325, 43rd floor in Conrad Hotel Hong Kong. We are waiting for your visit. 


     


 


29,Apr,2017
【TOKIO】Hogalee “Carpe diem”

titleCarpe diem
dateMay. 26th (Fri) - Jun. 25th (Sun) 2017
venueGallery OUT of PLACE TOKIO
reception6:00 p.m. - 8:00 p.m. on 27th May.
The artist will be present. admission free.
link→Asia Contemporary Art Show


Gallery OUT of PLACE TOKIO is pleased to present the solo-exhibition of Hogalee’s work titled, “Carpe diem.” 

The title phrase, “Carpe diem,” can be translated from Latin as “seize the day.” It has also been used as an expression of pleasure-seeking in view of death/life, and by contrast, as what we call a “momento mori” or death knell. 
Following his solo-exhibition in 2013 titled, “plagiarism,” Hogalee has taken up issues surrounding originals and copies, tracing, as well as homage and parody, as subjects for his paintings and murals. 
For this exhibition, rather than artists and art movements subject to plagiarism, he frames structures and formations of contemporary art put in place by our forerunners to position the “Tokyo girl” largely considered an icon of today’s society. Here we present Hogalee’s works rendered by his trademark thickness of line, and this time, as monochromatic images.
A view of life/death — in placing a title of “Carpe diem,” we invite you to witness the desire in these newest works to take a leap past our forerunners. 


     


 


29,Apr,2017
【info】3331 Art Fair - Prime Pick : Contemporary Art Galleries 2017 -

title3331 Art Fair 2017 -Prime Pick : Contemporary Art Galleries 2017-
date2017 May. 19th (Fri) - May. 21th (Sun)
open19th(fri.)   13:00 - 20:00
20th(sat.)   11:00 - 20:00
21st(sun)   10:30 - 17:00
venue3331 Arts Chiyoda
entranceGeneral 1,000 yen, pair ticket 1,600 yen, below high school age/visitors with disabilities free
link→3331 Art Fair Prime Pick


Gallery OUT of PLACE TOKIO will participate in the upcoming “ 3331 Art Fair - Prime Pick : Contemporary Art Galleries 2017 -,” in the Classroom Area.
The part of the work of Hogalee's exhibition “Carpe diem” is exhibited ahead.


     


 

finished
16,Mar,2017
【info】3331 Art Fair 2017 - Various Collectors Prizes -

title3331 Art Fair 2017 -Various Collectors Prizes-
date2017 Mar. 17th (Fri) - Mar. 20th (Mon/holiday)
※Exhibition open throughout period.
open17th(fri.)   18:00 - 21:00
18th(sat.)   12:00 - 20:00
19th(sun)   12:00 - 20:00
29th(mon.) 12:00 - 17:00
venue3331 Arts Chiyoda 1F Main Gallery
entranceGeneral 1,000 yen, pair ticket 1,600 yen, below high school age/visitors with disabilities free
link→3331 Art Fair 2017


Gallery OUT of PLACE TOKIO will participate in the upcoming “ 3331 Art Fair 2017 - Various Collectors Prizes - ,” held in 3331 Arts Chiyoda where our space is located. We will exhibit artists recommended by our gallery, Houxo Que, Yusuke SUGA, and Shigeru NISHIKAWA, as well as Yuko NEMOTO recommended by Aya Takada (from birdo flugas)

Entering its fourth year, “ 3331 Art Fair 2017 - Various Collectors Prizes - ” is an alternative art fair that brings together artists established in multiple fields, as well as those making their first steps into a career. Moreover, artworks are all displayed in exhibition format and artists compete in a contest between a line up full of variation. This year, the fair will host seven participants including curators, commercial galleries, alternative spaces, and 3331 Arts Chiyoda will display more than 70 recommended artists. During the exhibition period, other related events will be held such as, “3331 Wine Day,” where visitors can enjoy talk shows and artworks with wine, a film screening of Herb and Dorothy, and many others. We are also pleased to invite you to our gallery’s(2F ♯207) current exhibition of nakajima mugi’s work, “WM new works,” during your visit.


     


 

finished
25,Aug,2016
【TOKIO】Satoshi UCHIYAMA “working works”

titleworking works
date2nd September - 2nd October 2016
venueGallery OUT of PLACE TOKIO
reception6:00 p.m. - 8:00 p.m. on 3rd Sep.
The artist will be present. admission free.



Gallery OUT of PLACE TOKIO would like to announce its September exhibition featuring Satoshi UCHIYAMA’s titled, “working works.”
UCHIYAMA is an artist that has focused directly on questioning the general conception of “painting.” His working process has involved construction and reconstruction through new perspectives such as, “labor,” “time,” and “material.”
For this exhibition, UCHIYAMA re-evaluates his past series in an attempt to cut to the “purity of painting” that emerges when the artist and his viewers completely lose their sense of self.
It is our pleasure to invite you to come and view UCHIYAMA’s latest thoughts and statements surrounding the nature of “painting.”


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
In the artworks I have created up until now, I have treated color as “units” that create “difference.” Moreover, overall, color is a piece of visual information that conveys the beauty of a painting.

By eliminating color (changing to monochrome), I become more refined as a handcrafter. This makes me think from a Japanese perspective about the handcrafted purity that a painting holds.
In other words:
1. I want to explore the effect when an artist lessens focus on a certain premise and gains strength in their own physical labor of painting.
2. I want to extract the phenomena embedded in objects (such as time, technology, and culture.)
text by Satoshi UCHIYAMA


 

finished
19,Jun,2016
【info】Participation in ART OSAKA 2016

titleART OSAKA 2016
date1st July - 3rd July 2016
venueHotel Granvia Osaka, 26th Floor(entire floor space)
address3-1-1 Umeda, Kita-ku, Osaka | Japan(directly connected to Osaka Station)
link→ART OSAKA



Gallery OUT of PLACE is excited to announce its participation in ART OSAKA 2016.
Gallery OUT of PLACE will be presenting;
Room No.6312: Tomoo SEKI (painting), nakajima mugi (painting), Shigeru NISHIKAWA (painting), Masami YAMAMOTO (sculpture) Exhibition PLUS 6322: kamiserui (installation)
Special group exhibition “Attack of Japanese Abstract Paintings”: Satoshi UCHIYAMA (painting)
The staff at Gallery OUT of PLACE would like to invite you to join in welcoming ART OSAKA’s 14th year running.


 

finished
13,March,2016  
【info】excited to announce its participation in ART CENTRAL Hong Kong!

titleART CENTRAL Hong Kong 2016
date23rd March - 26th March 2016
venueArt Central Harbourfront Event Space
address9 Lung Wo Road Central, Hong Kong
link→ART CENTRAL


We will present 3 artist “ José Pedro Cortes, Satoshi UCHIYAMA, Tomoo SEKI” in Hong Kong
Please follow the link below for more artist information.
Our booth No. is A6. We are waiting for your visit.

■ Profile(click artist's name for more information.)

   José Pedro Cortes       /       Satoshi UCHIYAMA       /       Tomoo SEKI


 

finished
13,March,2016  
【info】Hogalee participate to NORA HAIR SALON

date1st Mar. - 31st May.2016
venueNORA HAIR SALON
address5-3-10 Minami-Aoyama Minato-ku Tokyo|Japan
link→NORA HAIR SALON
link→FB page


     





 

finished
13,March,2016  
【info】Takashi NAKAJIMA is participating in a residence program

titleECHANGE22
date1st Mar. - 24th Mar.2016
venueCastelinho do Flamengo, Rio de Janeiro | Brazil
link→FB page


     


Takashi NAKAJIMA is participating in a residence program in which six artists create work, hold workshops, and exhibitions across three different countries.
Following last year’s location in Southern France, the second location will be Brazil. Tokyo is planned as the final location of the program.
So far, this project has proven to be a unique and fresh development for the arts around the world.




 

finished
13,March,2016  
【info】Houxo Que meets GINZA FASHION WEEK 2016

titleGINZA FASHION WEEK 2016
date16th Mar. - 29th Mar.2016
venueMatsuya Ginza
link→Matsuya Ginza


     


Houxo Que has led the creation of the main visuals for Matsuya Ginza during the major event. The entire space will be covered by Houxo Que’s designs, with vibrant shapes and colors to welcome FASHION WEEK.




 

finished
13,March,2016  
【info】Mayumi TERADA participate to Kamakura Gallery

titleIn the bright room - signe on the memories
date19th Mar. - 15th May. 2016
venueKamakura Gallery
link→Kamakura Gallery


     


First-time solo exhibition at Kamakura Gallery, 20 photographs produced between 2001 and 2009 will be on display.




 

finished
13,March,2016  
【info】Masami YAMAMOTO participate to “THE SHARE HOTELS HATCHi KANAZAWA”

date18th Mar. - 29th May. 2016
venueHATCHi KANAZAWA
リンク→HATCHi KANAZAWA


     




 


13,March,2016  
【info】nakajima mugi participate to “Three Hot Springs of Mimasaka Art Temperature”

titleThree Hot Springs of Mimasaka Art Temperature
date20th Mar. - 30th Jun. 2016
venueYunogo Grand Hotel
link→Three Hot Springs of Mimasaka Art Temperature


     




 

finished
13,March,2016  
【info】Yasuaki ONISHI participate to The Mine in Dubai

titleVERTICAL VOLUME
date14th Mar. - 28th May. 2016
venueThe Mine
addressStreet 8a (Opposite Al Serkal Avenue) Warehouse 38, Al Quoz 1 Dubai|UAE
link→The Mine


     


Yasuaki Onishi was born in Osaka (1979), and studied sculpture at the University of Tsukuba and at Kyoto City University of the Arts. His work has been widely exhibited in Japan since 2002 but he has also participated in numerous solo and group exhibitions in the United States, Sweden, Germany, France, Russia, and the UAE among others. In 2010, Onishi was the recipient of a United States-Japan Foundation Fellowship that included a residency at the Vermont Studio Center, and was also a grantee of the Pollock-Krasner Foundation in New York.




 

finished
3,March,2016
【info】Cyg art gallery in Morioka opens Yuko NEMOTO solo-exhibit.

Title“Butter and Tigers, Elephants and Karma”
Dates 19th,Sep,2015 (Sat.) – 18th,Oct,2015 (Sun.)
VenueCyg art gallery
Address〒020-0023 Uchimaru 16-16, Otesaki Bldg. 2F, Morioka-shi, Iwate Pref.
Hours11:00 – 19:00
リンク→Cyg art gallery


     


Yuko NEMOTO will be opening a solo-exhibit at Cyg art gallery in Morioka. The artist has been working in the Tōhoku region and will be presenting her first solo-exhibit in two years. We are pleased to invite you to come view her artworks.


 

finished
3,March,2016
【info】Hogalee participates in Art Line Kashiwa.

TitleArt Line Kashiwa 2015
Dates1st,Oct,2015 (Thu.) – 3rd,Nov,2015 (Tue.)
VenueAreas near Kashiwa Station
HoursVaries upon exhibits/activities.
Please follow the link below for more information.
Link→Art Line KASHIWA


     


Hogalee will hold an exhibit in two places for Art Line Kashiwa.
In addition, these exhibits will involve planned events.
Please take this opportunity to enjoy the many art activities taking place in Kashiwa.


Place1Sky Plaza 1F Entrance “Light Wall”
AddressKashiwa 1-1-20, Kashiwa-shi, Chiba Pref.
Dates1st,Oct,2015 (Thu.) – 3rd,Nov,2015 (Tue.)
*This transforming art piece will continue to change until 9th,Oct.
HoursAs an outdoor art piece, the work may be viewed 24 h/day.
Link→Light Wall


Place2Kashiwa Takashimaya Station Mall Bldg.S, display area.
AddressSuehiro-cho 1-1, Kashiwa-shi, Chiba Pref.
Dates1st,Oct,2015 (Thu.) – 20th,Oct,2015 (Tue.)
*This transforming art piece will continue to change until 9th,Oct.
Hours10:00 – 20:00
Link→Station Malll


 

finished
6,August,2015  
【info】Houxo Queの個展が西武渋谷店オルタナティブスペースで開催されます。

タイトルspectrum
開催期間2015年8月18日(火)- 9月6日(日)
会場西武渋谷店B館 8階 オルタナティブスペース
住所〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-1
開廊時間西武渋谷店の営業時間に準ずる
リンク→SEIBU SOGO


     


ポスト・インターネット世代の旗手として注目を浴びる作家 Houxo Que の個展が西武渋谷店オルタナティブスペースで開催されます。
5月にTOKIOでの個展を終え、7月のアート大阪でも好評を得た Houxo Que「16,777,216view」シリーズを中心に新作キャンバス作品も発表予定です。
21日にリニューアルする西武渋谷店A館入口はカールステン・ニコライのディレクション!生まれ変わる西武渋谷店に併せて開催される Houxo Que の展覧会。是非ご高覧ください。


 

finished
15,July,2015  
【info】隠崎麗奈が αM連続企画「資本空間」に登場致します。

タイトル資本空間 –スリー・ディメンショナル・ロジカル・ピクチャーの彼岸 vol.3
開催期間2015年7月18日(土)- 8月29日(土)
会場gallery αM
住所〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビルB1F
開廊時間11:00 - 19:00 (火 - 土曜日)
休廊日日曜日・月曜日・祝日 8/9-8/17(夏期休廊)
トーク 7月18日(金)18:00 - 19:00
レセプション 7月18日(金)19:00 -
リンク→αM vol.3 隠崎麗奈


     


キュレーター山本和弘氏によるgallery αMの連続企画『資本空間 –スリー・ディメンショナル・ロジカル・ピクチャーの彼岸』の3番手として隠崎麗奈が展覧会を開催いたします。
初日7月18日の18時 - 19時には山本和弘氏とのアーティストトーク、19時よりオープニングパーティーもあります。
是非ご高覧ください。


   

finished
4,June,2015  
ART OSAKA 2015 に参加致します!

タイトルART OSAKA 2015
会場ホテルグランヴィア大阪 26階(ワンフロア貸切り)
住所〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1(JR大阪駅直結)
開催期間2015年7月3日(金)- 5日(日)
  プレビュー : 7月3日(金)14:00 - 20:00(招待者・プレスのみ)
  一般公開 : 7月4日(土)11:00 - 18:00 
       7月5日(日)11:00 - 19:00 (入場はフェア終了の1時間前迄)
  ナイトビューイング : 7月4日(土)19:00 - 21:00(招待者:無料/一般入場者:¥2,000.- )
入場料¥1,500- / 1 day pass
URLhttp://www.artosaka.jp/


     

第13回目となる現代美術のアートフェア「ART OSAKA 」は、現代美術に特化したアートフェアとして日本で最大規模であり、一番長く支持されてきた定評あるアートフェアです。独自の審美眼を持ったギャラリスト達がオススメする良質の作品が、生活空間に近いホテル客室を会場に展示され、気に入った作品はその場でご購入頂けます。
「ART OSAKA 2015」では、53軒の現代美術を専門的に扱う国内外のギャラリー(日本45、台湾2、韓国3、マカオ1、パリ1、N.Y.1)がラインナップ、展示ブース数は70に上る予定です。出展作品は新人作家の手頃な作品から国際的に活躍する著名作家のマスターピースまで、ジャンルも絵画・彫刻・版画・写真に限らず空間全体を使ったインスタレーションまで、色とりどり、百花繚乱です。中でも今年は、ART OSAKA初出展となる個性豊かなギャラリーが16も参加し、実績あるギャラリーと共に競演致しますので、より一層フレッシュなフェアになるでしょう。
「ART OSAKA 2015「は、現代アート初心者から経験豊かなコレクターまで、幅広い方々にとって特別な1点に出会える最良の機会です。 年に一度のアートの祭典、ART OSAKA 2015へ是非ご来場下さい。

Gallery OUT of PLACE からはメインの客室6216号室では河野滋子、関智生、中島麦、山本優美の4名、[Exhibition PLUS]となる6225号室ではHouxoQueを個展形式でご紹介致します。初夏の大阪観光などと併せて是非楽しんでいただけれと思います。


finished
14,May,2015  
【info】大西康明が「CCC AWARDS展」に参加致します。

タイトル第3回 Art in the Office 2015 CCC AWARDS
開催期間2015年5月23日(金)- 5月27日(水)
会場DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
住所〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
開廊時間11:00 - 19:00 (初日のみ11:30から)
入選作家大西康明/北川太郎/佐治真理子/住田衣里/竹鼻良文/藤本りか/三浦健/三浦義広(50音順)
リンク→CCC AWARDS FBページ


新進気鋭のアーティスト、クリエイターから立体アート作品案を募集し、入選者の作品をCCCの本社オフィス(コミュニティのフロア)に1年間展示する公募プログラムに大西康明が入選しました。
今回は入選作家8名による発表展となります。この展示終了後はCCCの本社オフィス(コミュニティのフロア)に1年間展示されます。
大西康明の新作を関東でご覧いただけるチャンスです。是非ご高覧ください。


 

finished
14,May,2015  
【TOKIO】Hogalee「複次創作 nth derivatives」を開催致します。

タイトルHogalee「複次創作 nth derivatives」
展示期間2015年5月29日(金)- 6月28日(日)
開廊時間12:00 - 19:00 (木 - 日曜日)
休廊日月・火・水曜日
レセプション 5月29日(金)18:00 - 20:00 ※入場無料



この度 Gallery OUT of PLACE TOKIO は、Hogaleeによる新作展「複次創作 nth derivatives」を開催いたします。

2013年 Gallery OUT of PLACE TOKIO で開催した個展「剽窃 plagiarism」において Hogalee は、ピエト・モンドリアンへのオマージュとして描かれた ロイ・リキテンスタイン の「ヘアリボンの少女」を更に引用し彼のオリジナリティの中へと落し込み描いてみせた。それは引用され続けるアートの仕組みへ自ら介入することで、「上書き」という行為の有用性を指し示すことでもあった。
今回、作家が剽窃するモチーフは シンディ・シャーマン の「Untitled #96」である。シンディ・シャーマンは映画の一場面や広告で使われたイメージを巧みに引用し、自らが被写体となりそのイメージを複製してみせている。それはイメージの「上書き」のみならず、漫画から絵画へと変容させたロイ・リキテンスタイン的方法論の剽窃であるとも言える。
「複次創作 nth derivatives」と銘打たれた本展で Hogalee は、上書きし続けることによって生成を繰り返すイメージがもつ軽やかな張力と、「ゲーム」という現代美術の一断面を呈示することになるだろう。
奇しくも今がポスト・インターネット世代と言われるこのタイミングに、Hogalee が「複次創作 nth derivatives」 を発表することの意義は大きい。絵画の中に立ち現れるカット&コピー&ペーストとマニュアルな作業によるメディウムの展開を、是非ご高覧ください。


 

finished
29,Apr,2015  
【NARA】河野滋子「メランコリア カオリとカタチ」を開催致します。

タイトル河野滋子「メランコリア カオリとカタチ」
会場Gallery OUT of PLACE NARA
住所〒630-8243 奈良県奈良市今辻子町32-2
開催期間2015年5月22日(金)- 6月21日(日)
開廊時間12時 - 19時 (木〜日曜日)
休廊日月・火・水
レセプション 5月23日(土)18:00 - 19:30



この度 Gallery OUT of PLACE NARA は、河野滋子による個展「メランコリア カオリとカタチ 」を開催いたします。
河野滋子の日常は、自身の精神と格闘し続けることにあると言えます。この十数年というもの彼女は「どこにも置き場のない心」と対峙し、石塑粘土と布で人体(おそらく本人そのもの)のカタチを生みだす事で、荒ぶる精神を鎮め、彼女という存在理由を世に問うて来ました。
彼女のカタチは以前にも増して鋭さと柔らかさを獲得しながらも、今回カタチの他にもう一つ、カオリが付け加えられることになりました。
彼女は日々精神の平衡状態を求めて香りを独自に調合しているのですが、展覧会ではそれを立体作品と合体させ、作品に触れると同時に作品を嗅ぐという行為を鑑賞者に体験してもらうことにしたのです。
河野滋子の新たなチャレンジとなる今回の個展 メランコリア を、是非ご高覧ください。


 

finished
29,Apr,2015  
【info】山本優美が「SICF15受賞者展」で展示します。

タイトルSICF15受賞者展
展示期間2015年5月2日(土)- 5月5日(火・祝)
会場エスプラナード(スパイラルM2F)、スパイラルホールホワイエ(スパイラル3F)
住所〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
入場料 一日券:一般700円 / 学生500円
※スパイラルホールホワイエの展示は、メイン会場内のため入場料が必要です。
展示作家山本優美(グランプリ)/ 松下裕子(準グランプリ)/ 菅本智(準グランプリ)/ 長谷川依与(浅井隆賞)/ 橋本瞳(佐藤尊彦賞)/ 酒井望(紫牟田伸子賞)/ 木内祐子(南條史生賞)/ 小笠原圭吾(スパイラル奨励賞)/ 久野彩子(オーディエンス賞)



SICF16と同時開催で、前回のSICF受賞者が新作を発表します。
山本優美は100年ほど前に製作され、身に着けられていたレースの付襟をモチーフにした新作「糸の夢」を出品いたします。
GW中の短い期間ではありますが是非ご高覧ください。
山本優美の展示はスパイラルホール ホワイエになります。(入場料がかかりますのでご注意ください)
SPIRAL ウェブサイト


finished
26,Apr,2015  
【info】大西康明の展示が京都とフランスの3会場で展示中です。

タイトル縄文と現代 vol.3 浸透する器
会場京都造形芸術大学芸術館 人間館ギャルリ・オーブ2階
住所〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
展示期間2015年4月16日(木)- 5月16日(土)
開廊時間10:00 - 17:00
休館日日曜日(4/29 - 5/6 は休館)
リンク→http://www.kyoto-art.ac.jp/events/881

タイトルErosion / Transfiguration -侵蝕と変容の先の関係性へ-
会場瑞雲庵
住所〒603-8074 京都市北区上賀茂南大路町62
展示期間2015年4月12日(日)- 6月14日(日)
開廊時間11:00 - 19:00
休館日5月6日 -5月16日 ※平日は予約制、土日のみ開館
参加作家 今村源・岩野勝人・大西康明・奥中章人・かのうたかお・日下部一司・酒井敏宏・南野馨・circle side
リンク→http://zcap2015.red/

タイトルRELIEF(S)
会場Les Turbulences - Frac Centre
住所88 rue du Colombier entrance boulevard Rocheplatte 45000 Orléans
展示期間2015年4月10日(金)- 9月20日(日)
開廊時間水 - 日 12:00 - 19:00 / 毎月第一木曜日は20時まで
休館日月・火曜日、5月1日
リンク→http://www.frac-centre.fr/_en/




finished
30,Mar,2015  
【TOKIO】Houxo Que『16,777,216views』を開催致します。

タイトルHouxo Que『16,777,216views』
展示期間2015年4月17日(金)- 5月24日(日)
開廊時間12:00 - 19:00 (木 - 日曜日)
休廊日月・火・水曜日(4/27 - 5/6 はG.W につき休廊致します)
レセプション 4月17日(金)18:00 - 20:00 ※入場無料
トーク 4月23日(木)19:00 - 20:30 HouxoQue x 上妻世海 モデレーター原田優輝 ※入場無料
トーク 5月24日(日)18:00 - 20:00 HouxoQue x gnck ※入場無料



Gallery OUT of PLACE TOKIO では、HouxoQue (ホウコォキュウ)による [ 16,777,216views ] を開催致します。
本展では Houxo Que の16,777,216view シリーズの新作の発表を行います。
ストリート・アート、ペインティング、インターネット・アート、メディア・アートなどの様々な回路を経て創りだされる作家の表現を、是非ご高覧下さい。
また会期中には2つのトークイベントを予定しています。気鋭の作家の表現を複数の視点から解釈して頂く良い機会になるはずです。
同時期に HIGURE 17-15 cas にて開催される Houxo Que 参加のグループ展
「世界制作のプロトタイプ」2015 年4 月18 日(土) – 4 月29 日(水) も併せて、是非ご高覧下さい。
http://prototypes-of-worldmaking.com/
さらに六本木アートナイト2015では ライブペイント with SENSELESS DRAWING BOT を予定しています。
http://www.roppongiartnight.com/2015/


finished
24,Mar,2015  
【info】山本優美の「存在の感触」がワコール本社で公開中。

タイトル「存在の感触」
会場株式会社ワコール本社 1Fエントランスホール
住所〒601-8530 京都市南区吉祥院中島町29
開催期間2015年3月9日(月) - 2015年4月20日(月)
営業時間9:00 - 17:30
休館日土、日、祝祭日
入場料無料
リンク→山本優美website



『存在の感触』は焼き物を「記憶メディア」として捉え、中古の衣服や日用品を手彫りで象り、かつてそれらを身に付けていただろう人々、現代に生きる人々の姿を焼き物に記憶させるという作品です。

柔らかな肌触りを連想させるモチーフが凍り付いたかのように永遠に形を定着させられ、同時に、陶器特有のもろさを纏ったその姿は、かつてそれを身につけていたであろう持ち主の哀歓を醸し出します。

本展示は、2014年に開催された「SICF15」(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)において、グランプリを受賞した作品に新作を加え、再構成しています。


finished
24,Mar,2015  
【info】中島崇の「キクスル」が大阪梅田のナレッジキャピタルフェスティバルに登場。

タイトル『 キクスル』in ナレッジキャピタルフェスティバル
会場ナレッジプラザ(グランフロント大阪 北館1階)
住所〒530-0011 大阪市北区大深町3-1
開催期間2015年3月26日(木) - 2015年3月29日(日)
営業時間10:00 - 23:00
リンク→人々をつむぎ、つなぎ、ついでゆくインスタレーション「キクスル」



『キクスル』は、主に梅田 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル周辺で開催 される「ナレッジキャピタルフェスティバル」において公開される大規模なインスタレーションです。
2013年春のオープン以来、「感性」と「技術」を融合させながら先鋭的なプロジェクトを生み出してきた「ナレッジキャピタル」。この度、2年間の活動のネットワークとナレッジキャピタルのコアバリュー「OMOSIROI」を体現する体験型コンテンツを集結させた祭典「ナレッジキャピタルフェスティバル」が、3月26日(木)- 29日(日)の4日間、グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル、うめきた広場にて開催されます。

今回、フェスティバルの祝祭性と、人々が集い・楽しむことを誘発させる求心力、そして未来への創造力を力強く伝える象徴として、中島崇がナレッジプラザの巨大吹き抜け空間に、20mを超す大型インス タレーションを4日間限定で展示いたします。
中島崇は、個人と公共をテーマに、プリミティブな表現でダイナミックなインスタレーションを生み出す現代美術作家です。今回の新作「キクスル」を 制作するにあたり、できるだけ多くの方と関わりながら、想いを紡ぎ、繋ぎ、 継いでいくプロセスを作品へ具現化したいと考えました。

そこには、様々な 人が関わり完成された作品が、公共の空間に設置され、フェスティバルに 集う人々に共有された時、個人と公共の関係性について、考えるきっかけを提示したいとの思いがあるのではないでしょうか? 本フェスティバルでは、アートインスタレーションの他にも、国内外より約 40名の豪華ゲストが集結し、豊富なプログラムが予定されております。多くの方にご来場、ご参加いただき、明るい未来を切り開く原動力をご体験いただければ幸いです。

関連イベント
【アート×テクノロジーから未来を探る スペシャルトークセッション】
日時 : 2015年3月27日(金)13:00 -
会場:ナレッジプラザ(グランフロント大阪 北館 1 階 )

第一部トークセッション 13:00 - 13:30 定員50名/先着順
中島崇(現代美術家)× 野村ヨシノリ(Gallery OUT of PLACE オーナー)

第二部 トークセッション 16:00 - 17:00 定員50名/先着順
長谷川祐子(東京都現代美術館チーフキュレーター)
吉田憲司(国立民俗学博物館教授)

第三部 トークセッション 18:00 - 19:00 定員50名/先着順
下條真司(大阪大学サイバーメディアセンター教授)
赤坂亮太(慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科)

【ワークショップ】13:30 - 15:30(予定)定員20名*要申し込み
「結び目」
中島崇 × コミュニケーターとデコラボワークショップ (参加無料)
講師:ナレッジキャピタルコミュニケーター/中島崇
申し込み方法、詳細→
「結び芽」中島崇 × コミュニケーターとデコラボ・ワークショップ


 

finished
13,Mar,2015  
【Art Fair】3331 Art Fair 2015‒VariousCollectors'Prizes‒に内山聡とHogaleeが参加。

タイトル3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒
会場アーツ千代田3331 1階メインギャラリー
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
開催日時2015年3月21日(土) - 3月29日(日)11:00 - 20:00 会期中無休
入場料一日券 一般1,200円 シニア・学生800円 高校生以下、障がい者 無料
ペアチケット2,000円 ※いずれも当日に限り再入場可。
全日パスポート 一般2,000円 シニア・学生1,600円
※ご本人様に限り会期中何度でもご入場頂けます。
※デポジット制:作品ご購入の来場者さまには入場料を全額ご返却します。
主催3331 Arts Chiyoda
協力A/A Gallery / AOYAMA | MEGURO / Bambinart Gallery / CASHI / CfSHE Gallery / Clark Gallery + SHIFT / HAGIWARA PROJECTS / HARMAS GALLERY / hpgrp GALLERY / Imura Art Gallery / island JAPAN / Gallery Jin / Gallery K / KIDO Press / Gallery Kobayashi / Gallery Monma & Annex / Gallery MoMo / Mujin-to Production / nap gallery / Gallery OUT of PLACE / rosenfeld porcini, London / Taka Ishii Gallery / TALION GALLERY / Gallery Ten / YKG / gallery 21yo-j
作家選定外部委員:市原研太郎 / 福住 廉
キー・ヴィジュアル:山縣良和 / writtenafterwards[協力:ボクトウ刺繍]



「3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒」に内山聡とHogaleeが参加します。
またグループ展に参加してくれている井上光太郎、吉濱翔、外部での企画に参加してくれている髙田幸平、野村康生、松延総司などOoPに縁のある作家達をはじめとした86組のアーティストの作品が一堂に会し、現代アートの価値のひとつである新鮮で切実な感性と同時代性を示すアートフェアです。
現代アートの著名コレクター&各界キーパーソンおよそ60名が賞を与える Collectors' Prizes や連日開催されるナイトラウンジ等、コレクター諸氏の興味のあり方を公開することによって、アート作品を買うファーストステップを後押しし、“新しいコレクター像”のスタイルを公開し “見る” だけでなく “買う” ことで気づくアートの魅力や新たな関わり方を提案するアートフェアとなっています。
3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒ 公式website:http://artfair.3331.jp/2015/


 

finished
17,Feb,2015  
【info】中島崇によるワークショップ『キクスル ネット・ワーク・ショップ』開催のお知らせ。

今春3月末、中島崇による巨大インスタレーション「キクスル」が大阪梅田に展示されます。
作品公開に先駆け、作家と共に制作するワークショップを開催します。
全2回のワークショップを通じて制作した作品が ナレッジキャピタルフェスティバルで展示されます 。
あなたも、人々をつむぎ、つなぎ、ついでゆく 『キクスル ネット・ワーク・ショップ』に参加してみませんか?

タイトルキクスル ネット・ワーク・ショップ
WS講師中島崇 http://nakajimatakashi.net/
WS内容インスタレーション作品「キクスル」の巨大なネット部分に、リボンや 毛糸、布等を作家と共に編み込んでいきます。
会場大阪府立江之子島文化芸術創造センター内/ルーム8
住所〒550-0006 大阪市西区江之子島2丁目1-34
アクセスenoco
開催日時第1回 2015年3月1日(日) 14:30 - 17:30
第2回 2015年3月14日(土) 14:30 - 17:30
参加費無料
申込方法参加希望日(第1回または第2回)とお名前、参加人数、返信先のメールアドレスを明記の上、 参加希望日の前日15時までに以下のメールアドレスあるいは電話にてお申し込みください。
メールcontact@outofplace.jp 担当:ツカヤマ
電話0742-26-1001 担当:ツカヤマ
主催Gallery OUT of PLACE

キクスル制作協力:一般財団法人おおさか創造千島財団、大阪府立江之子島文化芸術創造センター 、ART OSAKA 実行委員会、Gallery OUT of PLACE



「ナレッジキャピタルフェスティバル」
期間:2015年3月26日(木)- 29日(日)10:00 - 23:00
会場:ナレッジプラザ(グランフロント大阪 北館1階) 。

「ナレッジキャピタルフェスティバル」は「感性」と「技術」を融合させながら先鋭的なプロジェクトを生み出す「ナレッジキャピタル」 と周辺のうめきた広場界隈で開催される、体験型コンテンツを集結させた国際的祭典です。開催期間中は国内外から影響力を持つ様々な専門家によるトークショーやイベントなど見逃せない内容のコンテンツが盛り沢山となっています!
ナレッジキャピタルフェスティバル 公式website:http://kc-i.jp/festival/
主催:一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO


 

finished
27,Feb,2015  
【Art Fair】香港で開催される Asia Contemporary Art Show に参加します。

art fairAsia Contemporary Art Show
会場コンラッド香港 Pacific Place 40階 - 44階
住所Conrad Hong Kong — Pacific Place, 88 Queensway, Hong Kong
開催日時2015年3月13日(金)- 3月15日(日)
VIP内覧会3月12日 15:00 - 21:30
3月13日 13:00 - 17:00
ナイトビュー3月13日 17:00 - 21:30
3月14日 13:00 - 20:30
3月15日 11:30 - 18:00
入場料VIP TICKETS: HK$260
STANDARD TICKETS: HK$180
HPAsia Contemporary Art Show
OUT of PLACE 紹介ページ



3月12日 - 15日にコンラッド香港 Pacific Place 40階 - 44階にて開催される Asia Contemporary Art Show に参加致します。
アートバーゼル香港(3月15日 - 17日)とも期日が重なっています。併せて是非ご来場ください。


 

finished
1,Feb,2015  
【info】大西康明 が Berkeley の Kale Gallery のグループ展に参加。

タイトルSeeing Time - Time Traveler
会場Kala Gallery
住所2990 San Pablo Avenue, Berkeley, CA 94702 | アメリカ
開催期間2015年1月15日(木) - 3月21日(土)
リンク→Kala Gallery



 

finished
9,Jan,2015  
【info】TAKCOM が MOVING 2015 に参加。

タイトル映像芸術祭「MOVING 2015」
会場京都芸術センター、京都シネマ、METRO、ARTZONE、アトリエ劇研、他
開催期間2015年2月6日(金) - 2月22日(日)
リンク→MOVING 2015



第2回となる今回は、期間中全国から新進のアーティスト約30組を招き、 京都芸術センター、京都シネマ、METRO、ARTZONE、アトリエ劇研など9会場で「映像の展覧会」「映画館での上映会」 「映像がメインとなる舞台公演」「映像と音によるライブ」「映像に関するトーク」を行います。

2015年2月8日(日)18:30よりMETROにて開演の MOVING Live1 にて TAKCOM もパフォーマンスを行ないます。
参加アーティストは Ametsub (Experimental Set) + 宮永亮、Madegg + TAKCOM、intext 、前売2,500円 当日3,000円(ドリンク代別途)となっております。
詳細はリンク先よりご確認ください。


 

finished
9,Jan,2015  
【info】ひらいゆう が Galerie Les Bains Révélateurs で個展を開催。

タイトルEntre chien et loup
会場Galerie Les Bains Révélateurs
住所25, rue du Chemin de Fer 59100 Roubaix FRANCE
開催期間2015年1月23日(金) - 3月22日(日)
営業時間14:30 - 19:00
休館日月曜・火曜・水曜・木曜
リンク→Galerie Les Bains Révélateurs



2015年2月12日から15日に開催のアートフェアLille Art Up! にも同ギャラリーのブースより出展予定です。
ART UP!


 

finished
9,Jan,2015  
【info】関智生が「豊穣なるもの - 現代美術 in 豊川」に参加。

タイトルあいちアートプログラム「豊穣なるもの - 現代美術 in 豊川」
会場豊川市桜ヶ丘ミュージアム
住所〒442-0064 愛知県豊川市桜ヶ丘町79-2
開催期間2015年1月17日(土) - 2015年2月22日(日)
営業時間9:00 - 17:00
休館日月曜
リンク→豊穣なるもの - 現代美術 in 豊川



本展は豊川市桜ヶ丘ミュージアムのリニューアルオープン記念展を兼ねて開催するもので、豊川市を中心に、現代美術が持つ本来の「豊穣さ」を30組のアーティストにより見つめ直そうとするものです。

「豊穣なるもの - 現代美術in豊川」の参加作家の中から選ばれた11名のアーティストによる週末だけの展覧会「おでかけ展示」にも関智生が参加しております。
詳しくはリンク先からご確認ください。


 

finished
9,Jan,2015  
【info】山本昌男が MIZUMA ART GALLERY で 「浄」 を開催。

タイトル
会場MIZUMA ART GALLERY
住所〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
開催期間2015年1月14日(水) - 2015年2月7日(土)
営業時間11:00 - 19:00
休廊日月曜・日曜・祝祭日
リンク→MIZUMA ART GALLERY



昨年当廊NARAで個展を開催した山本昌男がミヅマアートギャラリーでは2009年以来の待望の個展となります。今展は近年発表をはじめたシリーズである「浄(しずか)」を中心に構成。

「浄」シリーズの対象となるのは、作家の目に留まった路傍の石や木の根。それらは漆黒の背景に配置され、山本のカメラが丹念に拾い上げる微かな光と陰翳が、私たちにその質感と形状を真摯に伝えます。社会的、博物学的な意味から切り離されて、眼前に差し出されたこの世界の一片は、宇宙から届く写真のように私たちを夢想へと誘います。

青幻舎とRM社(スペイン)の共同出版による作品集も販売。プラチナプリントが付属した貴重な限定版も予定されています。


 

finished
9,Dec,2014  
【info】中島崇が Kosmos Lane Studio & Gallery で raw fancy - 生の空想 - を開催。

タイトルraw fancy - 生の空想 -
会場Kosmos Lane Studio & Gallery
住所151-0064 東京都渋谷区上原2-29-6
開催期間2014年12月20日(土) - 2015年1月18日(日)
営業時間13:00 - 19:00
休廊日月曜、12/28 - 1/5は冬期休廊
リンク→Kosmos Lane Studio & Gallery



技術や経験、コンセプトや言葉での表現を重ねて来た今、原点回帰の意味もふまえ頭に浮かんだ空想をそのままに色形にします。
そこには空想と作品の間にあるものが生まれることでしょう。
言葉ではなく目鼻耳体で感じ、年末年始の忙しさを忘れる時間にしていただけたら幸いです。
現代美術家/中島崇


 

finished
9,Dec,2014  
【info】寺田真由美が 日本橋高島屋 美術画廊 X でグループ展に参加。

タイトルSilent Light
会場日本橋高島屋6階 美術画廊 X
住所〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1
開催期間2014年12月3日(水) - 12月25日(木)
営業時間10:00 - 20:00
リンク→日本橋高島屋



美術画廊Xでは初の試みとなりますクリスマステーマの展覧会。
今展ではクリスマスから想起される『光』をテーマにアーティストそれぞれの考える光とその周辺を表現して頂きます。静寂に支配された森の中でひっそりと瞬く一灯の光が希望に満ちたそれであるかのような、光を包括する作品を一堂に発表していただきます。
【出品作家(50音順・敬称略)】
扇田克也・小川待子・オノデラユキ・小松宏誠・佐藤時啓・寺田真由美・富谷昌子・新里明士・深井隆・前田明子・吉川民仁。


 

finished
2,Dec,2014  
【info】小林且典が GALLERY SUZUKI で個展を開催します。

タイトル小林且典 個展
会場GALLERY SUZUKI
住所〒605-0046 京都市東山区三条通りけあげ(ウェスティン都ホテル向かい)
開催期間2014年12月9日(火) - 12月21日
営業時間12:00 - 19:00 (最終日は17:00まで)
休廊日月曜日
リンク→GALLERY SUZUKI



静物を主題に彫刻を作り始めたのは学生時代だ。最初は大きな丸太と格闘していたが、年月を追うごとにサイズは小さくなっていった。虫眼鏡を使ってでも見えるものは覗き込んで観察したい。こまかなところに執着する質はますます強くなってきたようだ。
確実なる“小さなもの”に向かって大掛かりなスタジオ整理をし、スペースを広げ大きな工作機械を導入した。
「やり直し」だと思って整えたこの環境で、木、ブロンズ、写真の制作が始まった。


 

finished
10,Nov,2014  
【Art Fair】アートフェア札幌 2014に参加します。

タイトルArt Fair Sapporo 2014
会場クロスホテル札幌
住所〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目23番地
開催期間2014年11月23日(日)11:00 - 20:00、24日(月・祝)11:00 - 19:00
プレビュー22日(土)19:00 - 22:00(招待客のみ)
入場料1,000円(デポジット制)
主催アートフェア札幌 2014 実行委員会
共催クロスホテル札幌
連携アート札幌 2014、ART KAOHSIUNG 2014
協賛アッシュ・ペー・フランス、グラニフ、ミライスト、スノージュエルズ、レーザーシステム
協力NEW CITY ART FAIR、SHIFT
後援札幌市、北海道新聞社、UHB北海道文化放送、HTB北海道テレビ、HBC北海道放送、AIR-G'エフエム北海道、FMノースウェーブ
リンク→Art Fair Sapporo 2014



北海道・札幌にて開催されるアートフェア札幌 2014に参加致します。
札幌国際芸術祭も始まり現代アートへの関心が高まりつつある札幌にて開催される本展は都市に芸術文化が根付くための第一歩として、昨年度より始まりました。今回 Gallery OUT of PLACE からは写真家にフォーカスを絞って、北の大地に似合う静謐な世界観を持つ山本昌男、坂田峰夫、小林且典の3名をご紹介致します。
また会期中11月23日(日)18:00 - 19:00 [特別企画] クロストーク「アートフェアの楽しみ方」@ミートラウンジ(クロスホテル2階、入場無料:1ドリンクオーダー制) にて戸塚賢太郎さん(hpgrp GALLERY TOKYO)、宮下和秀さん(MUG)、と共に当方ディレクター鈴木一成がトーク致します。
冬の始まりの告げる札幌とともに是非アートフェアもご堪能戴ければ幸いです。
ご来場予定の方はご一報くだされば詳細をご案内させて頂きます。


 

finished
8,Nov,2014  
【info】はならぁと 2014 が始まりました。

タイトル奈良・町家の芸術祭 はならぁと
開催期間2014年11月7日(金)- 11月24日(月・祝)
リンク→奈良・町家の芸術祭 はならぁと



奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2014 が始まりました。Gallery OUT of PLACE からは鍵豪が「ぷらす」生駒宝山寺参道:11月7日(金)- 16日(日) で、グループ展示 The voice of 「H」+ にインスタレーションと写真の展示で参加しています。また3月に TOKIO の有色雑音に参加してくれた魚住勇太が「ぷらす」奈良きたまちエリアの 日+月+星 にてインスタレーション作品『Cell』を展開しています。こちらは→ Cell の website と併せてお楽しみください。
展示・期間は各エリア・会場ごとにことなりますのでご注意ください。


 

finished
30,Oct,2014  
【info】内山聡『to turn back』が GALLERY HIRAWATA で開催されます。

タイトル「to turn back」
会場GALLERY HIRAWATA
住所〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤2969-2
開催期間2014年11月15日(土)- 12月21日(日)
営業時間13:00 - 18:00
休廊日月曜・火曜日
レセプション11月15日(土)17:00 -
リンク→GALLERY HIRAWATA



現在 TOKIO で個展を開催中の内山聡が湘南・藤沢に在る GALLERY HIRAWATA で個展を開催します。新作を含む、大きな会場を生かした展示になる予定ですので是非ご高覧ください。


 

finished
21,Oct,2014  
【info】『咲くやこの花コレクション 大西康明展 空洞の彫刻』が開催されます。

タイトル「咲くやこの花コレクション 大西康明展 空洞の彫刻」
会場アートコートギャラリー
住所〒530-0042 大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
開催期間2014年11月8日(土)- 11月29日(土)
営業時間11:00 - 19:00 (毎土曜日は17:00まで)
トーク11月8日(土)14:30 - 16:00
金井直(信州大学人文学部准教授)× 大西康明
レセプション11月8日(土)16:00 - 17:00
主催咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会・アートコートギャラリー
リンク→ART COURT Gallery



平成25年度・第31回「咲くやこの花賞」受賞記念展として『咲くやこの花コレクション 大西康明展 空洞の彫刻』 がアートコートギャラリーにて開催されます。
目に見えないものを明らかにする素材を選び取り、行為・現象・時間を構成要素に空間へアプローチしていく表現作法で、大西は空間に曖昧な輪郭を与えていきます。浮遊するやわらかな光の階調と陰影に満たされながら、空間を占有していくその造形は、観る者の無量無辺の想像力や思考をため込む美の器とも言えるでしょう。
本展では、光と重力を使って、内側をつくることから実体のない外側の創出を試みる新作を発表する他、初期作品である《ガワ(環)》、《Untitled》、《exchange of surface》など、「空洞を彫刻する」大西の造形表現の数々をご紹介致します。


 


20,Oct,2014  
【info】「月刊Web Designing 11月号」に山本優美のインタビュー記事掲載。

タイトル「月刊Web Designing 11月号」
リンク→Web Designing



先日TOKIOで撮影された山本優美さんのインタビューが記事が、月刊Web Designing 11月号「ツクルヒト」にて6ページにわたって公開されています!書店にお立ち寄りの際は、是非お手にお取りください。


 

finished
20,Oct,2014  
【info】鍵豪が「SHOP ART WALK」に参加します。

タイトル鍵豪「A Distance」
TOKYO DESIGNERS WEEK 2014関連企画「SHOP ART WALK」
会場THE ROASTERY
住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5−17−13
開催期間2014年10月18日(土)~11月3日(月・祝)
営業時間8:00 - 20:00
※11/1より営業時間10:00 - 22:00となります
リンク→THE ROASTERY



TOKYO DESIGNERS WEEK 2014 の関連企画として開催されているショップアートウォークでは渋谷 - 原宿を結ぶキャットストリートに位置するカフェ「THE ROASTERY」の店内に鍵豪の「A Distance」シリーズから選りすぐりの7点を展示しています。
店内にある焙煎機で「ロースター」と呼ばれる焙煎職人がローストし、大きなカウンターの中でバリスタがつくりだすエスプレッソやカフェラテ、またフレンチプレスで淹れるコーヒーとともに至福の一時をお過ごしください!


 

finished
20,Oct,2014  
【info】TAKCOMが「大風呂敷展」に参加します。

タイトルTOKYO DESIGNERS WEEK 2014オフィシャルサテライト企画「大風呂敷展」
会場西武渋谷店A館7階催事場
住所〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1
開催期間10月21日(火)- 11月3日(月・祝)
主催西武渋谷店
協力デザインアソシエーションNPO、むす美by山田繊維
リンク→SHOP ART WALK

日本独自の風呂敷の<包む>という文化、単なるエコ・もったいないの文化だけでなく、風呂敷を通して日本のグラフィック力を表現する企画展として、日本及び海外で活躍する様々なジャンルのトップクリエイターが描く大風呂敷を集めます。


 

finished>
16,Oct,2014  
【info】ひらいゆう個展「境界ーBLUEs」が開催されます。

タイトルひらいゆう「境界ーBLUEs」
会場アートスペース虹
住所〒605-0041 京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247
開催期間2014年10月21日(火) - 11月2日(日)
休廊日月曜日
リンク→アートスペース虹



《境界》をテーマに制作をしてきました。
私にとって境界とは、物事を単純に分けてしまう線ではなく、曖昧な領域を意味します。
昼と夜の間の黄昏を扱った ”フタアカリ” 実在と架空のサーカスが交わる ”キッチンサーカス” 生きているように撮った、男女の性の別がつかない ”マダムアクション” いずれも、現実と虚構のはざまを浮遊してさまよっている私の心境を写真で表現したシリーズです。
《境界》を意識してみると、新しく不思議な視点で物事が見えてくることがあります。いつもの生活を離れて旅にでてみると、日常の視点がずれ、新しい私に出会うように。
“BLUEs” は、いろいろな土地に住んだり、訪れたりした私の思い出を写真と絵で綴っていく作品です。大気、雲、海流, 渡り鳥などの自由に地球を移動する存在をイメージしながら制作しています。
バラバラに見える様々な<BLUEー思い出>を集めていくと、一つの流れが現れてきました。私の小さな小さな歴史です。


 

finished
16,Oct,2014  
【info】山本優美が「agnès loves japon」に参加します。

タイトル「agnès loves japon」
会場1伊勢丹新宿店本館1 階= ザ・ステージ
開催期間2014年10月22日(水)- 10月28日(火)
会場2アニエスベー青山店
開催期間2014年10月25 日(土)- 11 月9 日(日)
トーク「工芸はアートですか!?」
アニエスベー青山店
2014年10月25日(土)15:00 -
CASA BRUTUS 編集長 松原亨 / 山本優美(陶芸) / 鍾雯婷(陶芸) / 加藤裕也(ガラス)
リンク→agnès loves japon



agnès loves Japon アニエスベーと日本 “出会い” と“ 発見” を伝えるプロジェクト
***************
日本の文化に以前から関心を抱いてきたアニエスベー。日本の工芸をもっと知りたいという本人の想いから、新プロジェクト「agnès loves japon」は始まりました。
今回、アニエスベーが新たに出会ったのは、日本の若き工芸作家たちです。
2013年に来日した際、金沢卯辰山工芸工房に行き、現地で活動する彼らとふれあいました。そこで、アニエスベーが願ったのは、作家ひとりひとりの世界をそのまま紹介することでした。作家の選出は、アニエスベーの感性とエモーションによって。伝統的な工芸の技術を現代の感性で自由に展開している十数名の作家が、アニエスベーの世界観をインスピレーション源とする「agnès loves japon」の作品を手がけました。
さらに、三越伊勢丹の企画「ISETAN JAPAN SENSES(イセタン ジャパン センスィズ)」との出会いを経て、それらの工芸の文化と共に、「リサイクル」や「アップサイクル」よりさらに創造的な「upcreation(アップクリエイション)」を提案します。日本特有の文化である「染め替え」の発想から、残反に草木によるオーバーダイをほどこした限定企画商品も登場します。「agnès loves japon」は、アニエスベーによる日本の文化、工芸の発見の旅ともいえるプロジェクト。称賛するアーティストをとりあげるアートギャラリーをパリで設けるなど、社会に対して広く目を向け続けるアニエスベーの日常的な視点が、メイド・イン・ジャパンとなるプロジェクト「agnès loves japon」には貫かれています。


 

finished
13,Oct,2014  
【info】山本優美がSICF15 グランプリアーティスト展『うつしみ』を開催。

タイトル山本優美「うつしみ」
会場spiral ショウケース
住所〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
開催期間2014年10月25日(土) - 10月27日(月)
開廊時間11時 - 20時
主催株式会社ワコールアートセンター
企画制作スパイラル
リンク→SICF



先日TOKIOでのグループ展に参加した山本優美が、今年5月に開催の「SICF15」に於いてグランプリ受賞による個展を開催します。
***************

何の変哲もない日用品をモチーフとし、粘土を本物と見紛う程に精巧に手作業で象り、硬く焼き上げた作品の数々。柔らかな肌触りを連想させるモチーフが凍り付いたかのように永遠に形を定着させられ、同時に陶器特有のもろさを纏ったその姿は、かつてそれを身につけていたであろう持ち主の哀歓を醸し出します。山本優美は、焼く事により形を留める陶器を「記憶のメディア」として捉えています。日常的なモチーフを詩的な表現でアートへと昇華し、そして極めて工芸的な技術の高さが評価され「SICF15」グランプリに輝きました。
今回の個展では初めて、作家本人と深く関わりを持つ自身の祖母の持ち物をモチーフとし、祖母のライフストーリーを重ね合わせ、時間と想いを丁寧に彫り込んだ新作が並びます。展覧会タイトル『うつしみ』は、'この世に生きている身(現身(うつしみ))'を意味し、現代に生きる人の痕跡を「記憶のメディア」で浮き彫りにすると共に「映し」、「移し」、「写し」といった同音の語から制作の裏側にある意図を彷彿とさせます。
*上記テキスト SICF webより転用


 

finished
13,Oct,2014  
【NARA】中島麦『悲しき南回帰線 / tristes tropiques』を開催致します。

タイトル中島麦「悲しき南回帰線 / tristes tropiques 」
会場Gallery OUT of PLACE NARA
住所〒630-8243 奈良県奈良市今辻子町32-2
開催期間2014年11月7日(金)- 12月7日(日)
開廊時間12時 - 19時 (木〜日曜日)
休廊日月・火・水
レセプション 11月8日(土)17:30 -



この度Gallery OUT of PLACE では、中島麦による個展「悲しき南回帰線」(平面絵画)を開催いたします。
これは弊廊がこれまで開催して来た同作家の個展「悲しいほどお天気」、(2011)「星々の悲しみ」(2013)に続く【悲】シリーズ第三弾にあたります。
大学を卒業後12年間、様々な表現に取り組み新しい絵画の可能性を模索して来た作家の重要なターニングポイントになるこの展覧会を、是非ご高覧下さい。

***************

作家によるステートメント

今回の展覧会は、1色の絵具を均質に塗ったミニマルな画面と複雑なテクスチャーを持つ重層的な画面という、対極にある2種類の抽象絵画によって構成されている。
ここまでは前回の展覧会で提唱した『カオスモスペインティング』※ を踏襲したものであるが、今回の2種類の異なる絵画の対比は、見方を変えれば最小単位とその集合体の補完関係でもある。
近くから鑑賞すれば両者の大きな差異が主題に見えるが、遠く離れる程に実は2つが1種類の作品に近づいていく事に気づくだろう。
更にこれらの2つは、同一のキャンバス上での固定された組み合わせでは無く、それぞれの個体は独立しており、組み合わせ自由を前提にインスタレーションされている。

何でも白黒をはっきりさせようとするシステムが加速化している現代社会が、自閉という弊害をもたらしているとするならば、私は抽象絵画が持つ構造を認識する事が、その一つの打開策になるのではないかと思っている。

抽象絵画の表面に見えているテクスチャーやインスタレーションの方法論が、或る個人の物語や思想ではなく、世界の根底を流れる社会構造を映し出し、結果、過度な自縛から私達を解放してくれる事になるのではないか…新しい抽象絵画の構造を通して、私自身が何ものからも自由で何ものをもつなぐメディウムでありたいと考えている。
※ 平田剛志(京都国立近代美術館研究補佐員)に拠る。
text by 中島麦


 

finished
10,Oct,2014  
【info】Hogalee が個展『原状回復 / Restitution - Go Slowly Girl -』を開催。

タイトルHogalee 「原状回復 / Restitution - Go Slowly Girl -」
会場IID 世田谷ものづくり学校 101 IID Gallery
住所東京都世田谷区池尻 2-4-5
開催期間2014年10月25日(土)- 11月3日(月・祝)
開廊時間11:00 - 19:00
公開制作会期中の金、土、日、祝は終日公開制作予定 ※平日は不定期
 クロージングパーティー:11/3(月/祝) 15:00 から
リンク→ IID Gallery



今回のタイトル『原状回復』は読んで字の如く、元に戻すという意味である。
私はこれまでキャンバスを初め様々な支持体に描いて来ました。
グラフィティ的な要素を併せ持つ作風から壁画として制作した作品も数々あり、本展会場であるIID – 世田谷ものづくり学校内の GO SLOW ゆっくりとカフェ のカウンターの下にも2004年オープン当初に描いた作品がまだ残っています。
ただ 壁に描かれた作品はその場に佇むため、いつの日か消えてしまうという宿命を背負っていることも事実です。
消えてしまう作品にどのようにして価値を与えることが出来るのか?という問題に対して今回の展示で私はひとつの解答を示せるのでは? と考えています。
本展では10年前に描いた消え行く作品の隣りの部屋(IID Gallery)に大きな壁画を公開制作に近いかたちをとって皆様に鑑賞していただきます。
どのタイミングで観ていただいても楽しんでいただけるかと思いますが 11月3日のクロージングパーティーでのパフォーマンスを私なりの解答としてお伝えするつもりです。
是非 幾度かに渡り展示の状況と作品をご高覧頂けますよう宜しくお願いいたします。

2014.10.06
Hogalee


finished
10,Oct,2014  
【info】中島崇が 阿佐ヶ谷アートフォレスト2014 に参加。

タイトル中島崇 「つながりの森」
会場ギャラリー白線
住所東京都杉並区阿佐谷南1-36-14 1F
開催期間2014年10月11日(土)- 10月19日(日)
開廊時間平日 16:00 - 21:00 土日・祝日 14:00 - 21:00
入場料無料
リンク→ つながりの森



ギャラリー白線 にて、「つながりの森」という展示を中島崇が行ないます。
その会場で普段は他人に見せることのない、自分が好きで作っているもの、絵、写真、演奏、料理、etc… などを展示や発表してみませんか?
ステージと展示場所をご用意してお待ちしてます!

その空間では、人々の表現が重なり繋がることを目的として、それを具現化したような「森」を作成します。
来場者や関わった人たちには、葉っぱや花を作っていただき、森を生い茂らせてもらおうと考えています。

今までにない、持ち込み自由の飲んだり食べたりできる表現の交差点「つながりの森」展に巻き込まれ、楽しんでいただけたら幸いです。
作家 中島崇

【スケジュール】
12日 17:00 聖なる回文ブルース LIVE
回文ブルースが聖なるふたりを従えてありがたい回文を唄います
18日 14:00 Y子のおにぎり
Y子がこだわりのおにぎりを販売します
19日 17:00 青木リョータLIVE
阿佐谷一番街 マーブルドーム店主、青木リョータが歌います
未定 梅ちゃんのFood
阿佐谷一番街 Drawberマスター梅ちゃんがなんかおいしいの作ります


finished
05,Oct,2014  
【TOKIO】内山聡『クリックする人間、動物、あるいは機械』を開催致します。

タイトル内山聡『クリックする人間、動物、あるいは機械』
展示期間2014年10月17日(土)-11月16日(月)
開廊時間12:00 - 19:00 (木 - 日曜日)
休廊日月・火・水曜日
レセプション 10月17日(金)18:30 - 20:00



内山聡は2005 年に多摩美術大学大学院美術研究科修了後、独自のスタンスを保ちながら積極的に作家活動を続けてきました。
飼い馴らされた絵画に疑問を投げかけ、近年は絵画を「行為」「時間」「物質」など様々な視点から解体し再構築することを制作の中心に据えています。
今回は、通信に代表されるテクノロジーの急速な発展に脅かされつつもそれを賞賛し受け入れざるをえない現代人が、その中にこそ我々のリアリティが存在するのではないか? 徒労を繰り返す行為が人間的であり、また動物的、機械的でもあるという前提のもと、全長41 メートルにもなるエアマットを使った作品や前作 Soaked Paintings の流れを汲む新作を発表します。
是非内山聡が提示する「絵画論」をご高覧下さい。


finished
27,Sep,2014  
【info】中島崇、 Hogalee、TAKCOM が アートラインかしわ に参加。

タイトルART LINE KASHIWA 2014 出ル前へ
会場中島崇 : 柏高島屋ステーションモールS館 吹き抜け
Hogalee : フーサワビル エレベータ
TAKCOM(土屋貴史)from MOVING : 京北ホール
開催期間2014年10月4日(土)-11月3日(月)
開催時間各会場により異なります。(Websiteよりご確認ください)
入場料基本無料(プログラムにより料金がかかるものもあります)
リンク→ART LINE KASHIWA 2014



中島崇 : colorful blank
柏高島屋ステーションモール内の吹き抜けにセッティングされた作品の下や上で、人と人が出会い、語らい、新たな思考を発見し、鑑賞者も作品の一部となり、作品もまた鑑賞者の一部になる。個人と公共の相互作用を引き起こす領域を目的としたインスタレーション作品。

Hogalee : Inter Action
今回は商業施設のエレベーターを丸ごとラッピングする。
二対のオンナノコによって左右に開かれるゲートを「自動で開くモノ」に対して何らかの働き掛けがされている様に見立て、本来のコミュニケーションの在り方を問う。

TAKCOM(土屋貴史): VISIONS 2014~映像のリプレイ~
京都を拠点に開催されてきたアーティスト主導型の映像芸術祭MOVINGからの参加となります。2013年の個展で発表した《flux》をご覧頂けます。


finished
25,Sep,2014  
【info】中島崇が TRANS ARTS TOKYO に参加。

タイトル中島崇 インスタレーション展示「輪照ラス」
会場ワテラスコモン3F
住所〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目101
開催期間2014年9月23日(水・祝)-11月3日(月)
開廊時間平日・土曜 11:00~20:00 (日曜 - 18:00)
入場料無料
リンク→ TRANS ARTS TOKYO 2014



「W」の連なりが、ワテラスの吹き抜け空間で「輪」となり人々を「照らす」

私の芸術表現とは、個人と公共が交わる場所をつくることです。つまり、個人的思考を公共に向けて提案する行為だと思っています。 セッティングされた空間の中で人と人とが出会い、語らい、新たな思考を発見し、鑑賞者も作品の一部となり、作品もまた鑑賞者の一部となる、そんなインスタレーションを続けています。 今回、会場の吹抜けに正三角形のパーツが繋がった作品を配置します。 吹抜けとは、そこにいる誰しもが目にしながらその空間に立つことのできない場所です。 そこに個人と公共の接点を見出し、その場所にある「空白」を意識していただきたいと考えました。 色彩と図形の重なるインスタレーションは、人間関係を正三角形の図形で、人の個性を色彩で表しています。 透明色や不透明のプラスチックの板が紡ぐ光や重なりの中にある「空白」を見る場所や時間帯、太陽の光の加減により見え方感じ方の変わる作品の中で鑑賞者が自由に感じ取り、互いに語りあってくれる場所となればと考えております。
中島崇


finished
25,Sep,2014  
【info】中島崇が恵比寿三越20周年をお祝い。

タイトルHalo -YEBISU MITSUKOSHI 20th Anniversary version-
会場恵比寿三越 1F アトリウム
住所〒150-6090 東京都渋谷区恵比寿4-20-7
開催期間2014年9月17日(水)- 10月14日(火)
開館時間11:00 - 20:00
リンク→ YEBISU MITSUKOSHI 20th Anniversary



7人の感性が放つ、アートなメッセージで「ハタチ」を祝う。
20周年を迎える恵比寿三越を大人のセンスを提案するアートイベントでお祝いムードを演出します。さまざまなジャンルから集結した<7senses(7人の感性)>が思い思いの表現で館内を彩ります。


finished
25,Aug,2014  
【NARA】山本昌男の個展:Shizuka 浄 を開催。

タイトルShizuka 浄
会場Gallery OUT of PLACE NARA
住所〒630-8243 奈良県奈良市今辻子町32-2
開催期間2014年9月26日(金)- 10月26日(日)
開廊時間12時 - 19時 (木 - 日曜日)
休廊日月・火・水



浄(しずか) Shizuka

数々の宝が息を潜めて存在する気配を、私は、森の中で常々感じています。
そんな気配を私は“浄 Shizuka”と名付けました。

浄とは、きよらかな、すみきった、汚れのない、明らかな、にごりがない、といった意味です。
森を廻って地から採集した宝“Shizuka”が発する微細な光から、私の目は、レンズは、何かを捉えることができたでしょうか。

老子(古代中国の哲学者)によって編まれたとされる道徳経に「大器は晩成し、大音は希声、大象は形無しと。」という言葉があります。宇宙の運行によって発せられているであろう大きな音のように人間には聞くことのできないたくさんの音が地球上には溢れているが人間は自分たちが聞こえる音しか存在しないかのように振る舞っている。つまり人間自身が人間の能力の限界を謙虚に受け止め自分たちが知ることのできる物事は全体からみればほんのわずか一部にも満たないものであることを認識せよ、と言った意味です。

この言葉を知って、私が感覚的に感じていた事に通じる部分がありました。計り知れない宝の存在を気配として感じていた、ということ。そして、私の感じる事のできたほんの些細なものの向こうに、ぼんやりと見える何か大きな存在が有るかもしれない…という予感と期待によって、私は“Shizuka”の採集をしてきたのだと確信しています。

“Shizuka”からの発信されている何かは、人間の五感に働きかけて来る微かな空気の流れ、大地の香り、ささやかな音やひとすじの光のようなものを通じて、私は受け取っていると感じます。
光を捉える事こそ写真技法の神髄です。写真とは人間が光を捉えたい、という意思から出て来た技法であることを改めて実感しています。

私の手によって印画紙に定着された森の宝 “Shizuka”を皆様に楽しんでいただけることを切望しております。

山本昌男


finished
25,Aug,2014  
山本昌男が韓国・大邱で開催される大邱写真ビエンナーレ2014に参加します。

タイトル2014 Daegu Photo Biennale
会場Daegu Culture & Arts Center, Daegu Art Factory (Former KT&G), Bongsan Cultural Center
開催期間2014年9月12日(火)- 10月19日(日)
URLhttp://daeguphoto.com/en/index.html

2014年9月12日より開催される2014 Daegu Photo Biennale(大邱写真ビエンナーレ2014)に山本昌男がメインエギジビションのアーティストに選ばれました。2006年に始まり着実に知名度や評価もあがっています。本年はヴィック・ムニーズやロジャー・ベランなどそうそうたるメンバーも参加する注目のビエンナーレです。



27,Jun,2014  
Firstindigo & Lifestyle に 中島麦の記事が掲載されています。

タイトルJapanese Nakajima Mugi paints blue on blue
websiteFirstindigo & Lifestyle
執筆Inka Juslin
リンク→Japanese Nakajima Mugi paints blue on blue


2014年3月にN.Yのチェルシーにて開催された New City Art Fair に出品した中島麦の Blue on blue について、Inka Juslin 氏が Firstindigo & Lifestyle に記事を書いてくれています。
2011年より Firstindigo & Lifestyle は、N.Yを中心にアートやデザインに特化した記事を紹介しています。


finished
27,Jun,2014  
中島麦が KITAHAMA N BLDG. の地下空間で出張レジデンス型滞在アトリエ。

タイトルBECOME THE RESIDENT of KITAHAMA N BLDG. produced by infix
会場KITAHAMA N BLDG. 地下
住所〒541-0041 大阪市中央区北浜2-1-16 KITAHAMA N BLDG. 地下
開催期間8/1〜27 オープンアトリエ(予約制公開 : 不在時はガラス越しに観れます。)
8/28〜31 オープンアトリエ(全日 : 12:00 - 22:00 公開)
9/1〜中旬 会場公開
予約制オープンアトリエ時は、常に滞在してるわけではございません。
事前に中島麦に直メールでご確認下さい。
予約先/mugimugi78@gmail.com
予定確認/ツイッター@mugimugi78
主催(株)希望社
(株)infix
KITAHAMA N BLDG./中島麦
協賛ターレンスジャパン
ブルックリンカフェ・ロースティングカンパニー北浜店
協力Gallery OUT of PLACE


中島麦が2014年の夏の間、作品制作の場としてKITAHAMA N BLDG. の地下空間を使用します。
「真っ白な空間からはじまること これから続いていくこと」
上記をテーマに、作品制作の過程・痕跡・そこで生まれたものを公開します。
本アトリエから道具諸々ごっそり大移動。
いわば出張レジデンス型滞在アトリエ、期間限定の秘密基地を大公開しちゃいます。


finished
27,July,2014  
中島崇が JEUNE CREATION AWARD に選出されました。

タイトル『ゆめのはざま -interstices oniriques- 』
会場ART OSAKA 2014 ホテルグランヴィア大阪 6131号室



ART OSAKA 2014においてのJEUNE CREATION AWARD に、中島崇 / Gallery OUT of PLACE が選出されました。
この秋にパリで開催される、JEUNE CREATION へ ART OSAKA を代表する若手作家として展示予定です。
詳細は決まり次第またお伝え致します。


finished
20,July,2014  
根本裕子が岩手県にてグループ展に参加しています。

タイトルシグセレクト
会場Cyg art gallery
住所〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16−16 大手先ビル 2F
開催期間2014年7月1日(火)- 8月24日(日)
開廊時間11時 - 19時
休廊日会期中無休
URLhttp://www.cyg-morioka.com/exhibition.html


東北の作家に集点を当てた企画ギャラリーが開催する大規模なグループ展に根本裕子が参加しています。


finished
7,July,2014  
ART OSAKA 2014 に参加致します!

タイトルART OSAKA 2014
会場ホテルグランヴィア大阪 26階(ワンフロア貸切り)
住所〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1(JR大阪駅直結)
開催期間2014年7月11日(金)- 13日(日)
  プレビュー : 7月11日(金)14:00 - 20:00(招待者のみ)
  一般公開 : 7月12日(土)11:00 - 18:00 
       7月13日(日)11:00 - 19:00 (入場はフェア終了の1時間前迄)
  ナイトビューイング : 7月12日(土)19:00 - 21:00(招待者:無料 一般入場者:¥2,000.- )
入場料¥1,500- / 1 day pass
URLhttp://www.artosaka.jp/


     

第12回目となる現代美術のアートフェア「ART OSAKA 2014」では、53軒の現代美術を専門的に扱う国内外のギャラリーが一堂に会し、国際的に活躍するア ーティストたちから将来を期待できる若手作家までクオリティーの高い作品を展示・販売いたします。
今回、特に注目なのは [ Exhibition PLUS ]。15ギャラリーが個展形式またはテーマ性をもたせ、展示により力を入れた展開を致します。ホテル客室という生活空間に近い場をインスタレーションによって異空間に仕立て上げ現代美術の醍醐味を味わうことのできる展示をご覧いただけることでしょう。 また本年も、フランス・ドイツ・台湾の芸術機関と連帯した国際色豊かな企画展示や、京都市立芸術大学協力のもとフレッシュな新人作家を招待するなど、多様性に富んだ企画も堪能できます。

Gallery OUT of PLACE からはメインの客室6209号室では大原舞、鍵豪、中島麦の3名、[Exhibition PLUS]となる6131号室では中島崇を個展形式でご紹介致します。初夏の大阪観光などと併せて是非楽しんでいただけれと思います。


finished
22,Jun,2014  
森村誠が 2kw gallery で個展を開催いたします。

タイトル『g + α』
会場2kw gallery
住所〒550-0003 大阪市西区京堀町1-13-2 藤原ビル5F
開催期間2014年6月30日(月)- 7月12日(土)
開廊時間12時 - 19時(土・最終日17:00まで)
休廊日日曜日
URLhttp://www.2kwgallery.com/


「ことばの重み、それを量ることは、とても難しい事なのです。」
さて、「g + α」と題された展覧会、タイトルより察しが着く方もいらっしゃると思いますが、「g (グラム)」の作品です。今回は、この「g (グラム)」の作品の多言語展開を試みています。翻訳業者の多言語翻訳同様、英語版を母体とし多言語に展開、そして展開作業に生じて制作された作品で構成されています。
展示最終週はアート大阪とも会期が重なっておりますので関西圏のみならず、初夏の大阪観光などと併せて脚を運んでいただければと思います。


finished
12,Jun,2014  
中島麦が個展を岡山県で開催。

タイトル中島 麦 展 / nakajima mugi solo exhibition
会場エスプリ・ヌーボー ギャラリー
住所〒700-0822 岡山市北区表町2-3-62(オランダ通り 喫茶 B三共2F)
開催期間2014年6月13日(金)- 29日(日)
開廊時間12時 - 19時
休廊日火曜日
URLhttp://esprit-nouveau.info/




finished
12,Jun,2014  
坂田峰夫が渋谷区松濤にて個展を開催。

タイトル坂田峰夫 展
会場GALERIE ANDO
住所〒150-0046 渋谷区松濤1−26−23
開催期間2014年6月10日(火)- 28日(土)
開廊時間11時半 - 19時
休廊日日・月曜日
URLhttp://www.ando-tokyo.jp/



finished
21,May,2014  
中島麦が個展 Styling Art Exhibition「クールパステル」 を開催!

タイトルStyling Art Exhibition「クールパステル」
会場阪急メンズ大阪3F各所
住所〒530-8350 大阪市北区角田町8-7(阪急、大阪市営地下鉄、JR大阪駅徒歩すぐ)
開催期間2014年5月14日(水)- 5月27日(土)
  14th May. (wed) - 27th May.(tue)  2014
開館時間月 - 金 : 午前11時 - 午後9時 土 : 午前10時 - 午後9時 日・祝日 : 午前10時 - 午後8時
主催阪急メンズ大阪
企画制作スタイリングアートエキシビション実行委員会 / Yoha Public
トータルコーディネート :金崎亮太
協力Gallery OUT of PLACE


     

阪急メンズ大阪が提案するマンスリーテーマに沿って、個性溢れるアート作品を毎月紹介し、皆様に「アートを嗜むライフスタイル」を提案する展覧会。 昨年のグループ展に続き2回目の参加となる今回はシリーズ『星々の悲しみ -blue on blue-』から新作を加えた約二十数点が3Fフロアーに展示されます。
お近くへお越しの際はぜひお立寄ください!

【トークイベント】終了致しました。
ゲスト : 中島麦
開催日時:5月18日(日)15:00~
会場:阪急メンズ大阪3F Bookstore&Café The Lobby (入場無料・要事前申し込み不要・途中参加可能)
阪急メンズ大阪HP→http://www.hankyu-dept.co.jp/mens/
中島麦ブログページで随時最新情報をお伝えしています。→http://mugilfe.blog27.fc2.com/blog-entry-169.html


finished
3,May,2014  
林圭介が個展 Hell Baroque を開催致します!

タイトルHell Baroque
会場♭ギャラリー
住所〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋2-3-17
URLhttp://flat9gallery.wix.com/flatgallery
展示期間3rd May. (sat) - 8th May.(thu)  2014
開廊時間14:00 - 20:00
入場料無料:ワンドリンクオーダー制


finished
3,May,2014  
関智生がグループ展に参加します!

タイトル瞬きのごとく 30年を経て…
会場一宮織部亭
住所〒491-0834 愛知県一宮市島崎1丁目11-19
電話0586-76-1993
展示期間10th May. (sat) - 8th Jun.(sun)  2014
開廊時間11:00 - 16:00 (水 - 月曜日)
休廊日火曜日
open thu - sun 11:00 - 16:00   closed on tue.


finished
TOKIO
13,April,2014  
緊急決定! KOLKOZの映像作品展『PARALLAXE』がTOKIOで開催されます!

タイトルPARALLAXE
展示期間25th Apr. (fri) - 25th May.(sun)  2014
開廊時間12:00 - 19:00 (木 - 日曜日)
休廊日月・火・水曜日(GW 中の 5/1 と 5/4 もお休みさせていただきます)
open thu - sun 12:00 - 19:00   closed on mon., tue., wed.


20,March,2014  
中島麦 作品展示のお知らせ

中島 麦
「BEYOND~コチラとムコウ in 茨木~」
HUB-IBARAKI ART COMPETITION EXHIBITION


展示期間2014. 3.7 (fri.) - 9.5 (fri) (予定)
会場茨木市生涯学習センター「きらめき」
住所〒567-0028 大阪府茨木市畑田町1-43
電話072-624-8182

中島麦が会場の吹き抜け部分25m×4.5m(最大高さ)の他、施設内の計4カ所計20枚以上のガラス面に直接描いたドローイング作品が3/7日より公開となっています。
2~3月にかけて実施された公開制作、完成した作品はこれ迄にないスケール!
会期中は近辺でも展覧会場が点在し関連イベントが盛り沢山。他会場と併せてぜひご来場下さい。

「各窓から見えるムコウ側の景色をコチラ側であるガラス面に、様々な視点で描いております。朝の色、夕方の色、そして長期展示を生かしたムコウ側に透けて見える景色の季節と時間の移ろいを、楽しんでもらえたらと思います。」

主催:茨木市若手芸術家育成事業「HUB-IBARAKI ART」実行委員会(茨木市/茨木芸術中心)
HUB-IBARAKI 公式HP→http://hub-ibaraki.com/
中島麦ブログページで随時最新情報をお伝えしています。
http://mugilfe.blog27.fc2.com/blog-entry-163.html

【関連イベント】
「景色・描く・奏~茨木音風景~」終了致しました。
中島麦(絵画・美術)×三木祐子(作曲家・ピアニスト×金崎亮太(電子音響音楽家)によるコラボレーション
  開催日時:5月10日(土)14:00 - 16:00
  会場:生涯学習センターきらめき  きらめきホール (予約不要・入場無料)

「透明な水面~コチラとムコウ~」終了致しました。
HUB IBARAKI 最寄り会場で中島麦の個展が開催されます!
  開催期間:4月24日(木)- ~5月19日(月)
  会場:GLAN FABRIQUE ギャラリー “ la galerie ”
  URL:http://glanfabrique.com
  ワークショップ:中島麦×和菓子店青洋「麦風・初夏の和菓子を作ろう!」
  5月11日(日)13:00 -、16:00 -¥3,000-(ドリンク・和菓子2個込)講師:青山洋子(和菓子店青洋)


finished
13,March,2014  
大原舞が goldie H.P FRANCE 渋谷パルコ店で MIDNIGHT BLUE を開催!

EVENT
【 MIDNIGHT BLUE 】
goldie H.P.FRANCE 渋谷 × MAI OHARA
SHIBUYA FASHION FESTIVAL collaboration

展示期間:2014 3/14 - 4.10
場所:goldie H.P.FRANCE
   東京都渋谷区宇田川町15-1
   渋谷パルコPart1 1F
時間:渋谷パルコの営業時間に準じます。
goldie H.P FRANCE:http://www.hpfrance.com/Shop/Brand/goldie.html
http://www.hpfrance.com/Blog/goldie/

それは、楽しいパーティも落ちついた夜明けの空の色。
同じ時間を過ごした仲間と歩む新しいスタートを指す希望の青色。
これからと渋谷店がお客様と共に進化し、織りなす軌跡がキラキラと輝くよう願いをこめて。

期間中、ナタリーシリーズを中心に展示販売いたします。
また 3/22 17:00-19:00 には PARTY を開催。
当日は goldie H.P.FRANCE 渋谷 × MAI OHARA の限定作品の販売もあります。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください!

ⒸGallery OUT of PLACE All Rights Reserved