林 圭介 / Keisuke HAYASHI


  • title:バロック size:1000×803mm oil on canvas 2014

  • title:バロック size:1000x727mm oil on canvas 2014

  • title:ブライダル oil on canvas 2014

  • title:コーラス oil on canvas

  • title:皆殺しの天使 size:F100 162,1x130,3cm oil on canvas 2012

  • title:迷いの森 size:F100 × 3 (triptych) oil on canvas 2012

  • title:迷いの森(detail)

  • title:House #2 size:F10 53,0x45,5cm oil on canvas 2012

  • title:血の歴史 size:F10 53,0x45,5cm oil on canvas 2012

  • title:肉屋の娘(展示風景) size:F40 100.0x80,3cm oil on boad 2012

テーマは「ファッションと身体」です。
描かれているのは自分の身体をファッションとして改造している人たちのイメージです。
ファッションとしての衣服は美しいけれど、軽佻浮薄で人生にとって非本質的な装飾品ととらえる事ができます。一方で身体は人間にとって本質的でシリアスなものです(内臓などの器官はグロテスクなものとして形容されたりもします)。絵の中の人々は自分の身体をファッションにすることで、美と醜、本質的なものと装飾的なもの、シリアスなものとナンセンスなものといった対立する価値観を転覆、あるいは融合させていることになるのです。
身体のファッション化としては現実にはピアッシングやタトゥーなどがありますが、私が描くのはある意味でその究極体といえるでしょう。

私は彼等に対し、怖れや反発を感じると同時に、ある種の尊敬の念や憧れを抱いています。決まりきった一つの価値観の中だけでは、何かが進展することも、新しいものが生まれることもないでしょう。彼等は暴力的ともいえるやり方で一般の常識や良識に揺さぶりを掛ける、そういう存在なのです。

経歴
1981 奈良県橿原市生まれ
2004 関西学院大学 哲学科専攻 修了
2014 ベルリンに滞在
現在、奈良県在住

個展
2014Hell Baroque/♭gallery, 大阪
2012美貌のオルグァン/Gallery OUT of PLACE NARA, 奈良
pretty vacants/cornucopia, 大阪

グループ展
2014晩鐘/工場跡, 奈良
2013夜水鏡みがかずみるよ/TOKIO OUT of PLACE, 東京
夜水鏡みがかずみるよ/Gallery OUT of PLACE, 奈良
2011あたらしいビョーキ/Gallery OUT of PLACE, 奈良
他、多数

ⒸGallery OUT of PLACE All Rights Reserved